声調と音楽の関係

 中国語の特徴の一つに声調があることが挙げられます。このことは、中国の音楽と西洋の音楽の違いにも表れています。中国語の詩をそのまま五線譜に表せば、1つのメロディが作られます。つまり中国の音楽は一種の自然発生的なものであったのかもしれません。ただし、あくまでも「単音」であり、重層的なものではありません。西洋の音楽が「和音」を重視するのに対して、中国の音楽は旋律(メロディ)が中心であり、笛や二胡に乗りやすいというのは、このためだと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田慶市

内田慶市関西大学外国語学部教授

投稿者プロフィール

福井生まれ。現在、関西大学外国語学部で教鞭をとる。専攻は「中国語学」。この10数年は特に、「近代における『西学東漸』と言語文化接触」を主な研究テーマとし、さらには、新たな学問体系である「文化交渉学」の確立を目指して研鑽中
パソコンは約25年前に、NEC9801VXIIを使い始め、その後、DOS/Vから「Mac命」に。Mao's Home Page

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  2. 【連載】宅女の部屋別宅

  3. 【連載】15分チャイニーズ

  4. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  5. 【連載】ビジネス中国語

  6. 【連載】中国語の検索を極める

  7. 【リレー連載】私の教科書作り

  8. 【連載】小紅のなるほど中国

  9. 【連載】すり込みファイブ

  10. 中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る