東西南北

 中国語の方位の言い方は、日本語や英語とは違います。日本語や英語では「北西の風」とか、「ノースウエスト航空」と言いますが、中国語だと“西北风”“西北航空公司”となります。同様に、「北東」「南西」「南東」は、中国語では“东北”“西南”“东南”となります。つまり、日本語や英語では「南北」を軸にとらえているのに対し、中国語では「東西」を軸としているということです。ただ、日本語でも「西南の役」とか「東北地方」「東南アジア」と言いますから、本来は中国語と同じであったようです。これも中国を中心とする東アジア文化と、欧米文化の違いの一つの表れということができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田慶市

内田慶市関西大学外国語学部教授

投稿者プロフィール

福井生まれ。現在、関西大学外国語学部で教鞭をとる。専攻は「中国語学」。この10数年は特に、「近代における『西学東漸』と言語文化接触」を主な研究テーマとし、さらには、新たな学問体系である「文化交渉学」の確立を目指して研鑽中
パソコンは約25年前に、NEC9801VXIIを使い始め、その後、DOS/Vから「Mac命」に。Mao's Home Page

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】中国人である私から見た日本

  2. 【連載】15分チャイニーズ

  3. 【連載】中国の流行語

  4. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  5. 【連載】小陳の中国よもやま話

  6. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  7. 【連載】ビジネス中国語

  8. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

  9. 【リレー連載】私の教科書作り

  10. 【連載】炒冷饭

投稿の全記事数: 881件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る