中国語学エッセイ:コーヒーを入れる

昔は、中国でコーヒーを注文すると、出てくるのはネスカフェ(“雀巢咖啡”)のインスタントコーヒー(“速溶咖啡”)と相場は決まっていました。今は町にはネットカフェもたくさんあって、若者たちはそこで、無線 LAN でネットサーフィンに興じたり、メールを打ったりしています。
 ところで、「コーヒーを入れる」という中国語は“煮咖啡”“冲咖啡”などといいます。

煮咖啡:パーコレーターみたいなものでコーヒーを入れる 
冲咖啡:ドリップ式でコーヒーを入れる

 「入れ方」で動詞が変わってくるのです。「お茶を入れる」も同じように、入れ方によって違った言い方をします。

沏茶:湯飲みにお茶の葉を入れて、そこへ熱いお湯を注ぐ
倒茶:急須からお茶を入れる

中国語は、具体的な動作の違いによって動詞を細かく使い分けるという特徴があるのです。中国人の「具象性」の表れのひとつです。ちなみに、ミルでコーヒー豆をひくのは“磨咖啡”といいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田慶市

内田慶市関西大学外国語学部教授

投稿者プロフィール

福井生まれ。現在、関西大学外国語学部で教鞭をとる。専攻は「中国語学」。この10数年は特に、「近代における『西学東漸』と言語文化接触」を主な研究テーマとし、さらには、新たな学問体系である「文化交渉学」の確立を目指して研鑽中
パソコンは約25年前に、NEC9801VXIIを使い始め、その後、DOS/Vから「Mac命」に。Mao's Home Page

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】中国語Q&A

  2. 中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  3. 【連載】宅女の部屋別宅

  4. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  5. 【連載】炒冷饭

  6. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

  7. 【連載】15分チャイニーズ

  8. 【連載】中国人である私から見た日本

  9. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

  10. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る