「飲む」のいろいろ

 中国には「方言」がたくさんあり、上海語や広東語、北京語ではまったく別の言語といってもいいくらいの差があります。
 「お茶を飲む」という言い方を見てみると、“喝茶”“吃茶”“饮茶”という、大きく分けて3つの言い方が存在します。地域的には北京、上海、広東ということになります。このうち、“吃茶”は日本の漢字に直せば「喫茶」であり、日本人にもなじみ深いものです。“饮茶”もいわゆる「飲茶(やむちゃ)」として日本でもよく見受けられます。
一方、“喝茶”はどうでしょうか。“喝”は日本では、「喝采(かっさい)」「恐喝」という熟語があるように「大声を出す」という意味でしか使われません。日本の漢字はだいたい古い中国語の意味と音を伝えていますから、古い時代には“喝”には「飲む」という意味はなかったのでしょう。つまり、“喝茶”は中国語においては割と新しい言い方なのです。実際、『説文解字』という漢代の本には、“喝”には「飲む」という意味は収められていないのです。
時代的には“饮茶”“吃茶”“喝茶”の順に現れてきます。このことからも、古い中国語は南に残されており、北の中国語は新しい中国語だといわれています。声調についても同じで、古い中国語は8声あったといわれています。現在では、広東語は9声、上海語は6声、北京語が最も少なく4声です。修飾構造も、今の中国語は日本語と同じように「修飾語+被修飾語」ですが、古い中国語では「被修飾語+修飾語」でした。ベトナムのことを中国語では“越南”といいますが、これはまさに「南の越」であり、修飾語が後ろに置かれています。「アイスキャンディー」は、北では“冰棍儿”といいますが、上海では“棒冰”といいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田慶市

内田慶市関西大学外国語学部教授

投稿者プロフィール

福井生まれ。現在、関西大学外国語学部で教鞭をとる。専攻は「中国語学」。この10数年は特に、「近代における『西学東漸』と言語文化接触」を主な研究テーマとし、さらには、新たな学問体系である「文化交渉学」の確立を目指して研鑽中
パソコンは約25年前に、NEC9801VXIIを使い始め、その後、DOS/Vから「Mac命」に。Mao's Home Page

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

Twitter

ピックアップ記事

  1. toplog-itc
  2. toplogo_xuexiao

連載一覧

  1. toplogo-jiaokeshu0001

    【リレー連載】私の教科書作り

  2. c-culture_toplog2

    【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  3. jissen_toplogo

    【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  4. shenti_toplogo

    【連載】カラダと病気の中国語

  5. toplogo_liuxingyu

    【連載】中国の流行語

  6. toplogo-surikomi5

    【連載】すり込みファイブ

  7. ws2015-01

    中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  8. clinic_toplogo

    【連載】中国語医療通訳トレーニング

  9. toplogo-otsuka

    【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  10. toplogo-language_essay

    【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

投稿の全記事数: 853件

こんな記事はいかが? toplogo-koten第6回 元首たちの古...

ページ上部へ戻る