小陳の中国よもやま話―その2:百家姓

xiaochen_toplogo


yubiteki_markこの教材はYubiquitous Textで視聴することもできます。

百家姓

  在现代日语语境中,“お百姓(ひゃくしょう)さん”基本上就是指从事农业工作的劳动者。而在现代汉语之中,“百姓”二字的涵盖范围却要比这大得多。除了官员与军人之外,几乎所有职业的人群都是“百姓”的构成部份,其词义几乎相当于日语中的“庶民(しょみん)”。在口语当中,人们往往还喜欢在前面再加上一个“老”字,以“老百姓”的形式来代表“普通民众”之意。
  “百姓”一词在汉语文献中的出现,据说大约是在北宋中期。这与堪称中国第一部姓氏大全的《百家姓》的问世时期极为接近。据考证,《百家姓》出自于北宋初年吴越地区(今江苏、浙江省一带)的读书人之手,以“赵钱孙李、周吴郑王”开头,网罗了包括60来个复姓在内的400多个姓氏。之所以以“赵”开头,并不是因为赵姓人氏在全国所占人口比例最高,而是因为宋朝皇帝姓赵之故。而紧跟其后的“钱”、“孙”、“李”,据说也是出于类似因素。《百家姓》一书,是与《三字经》、《千字文》相并列的中国古代三大儿童启蒙书籍之一,几乎妇孺皆知。
  在中国,据说从夏商朝代就开始有姓与氏了。关于它们的由来,据考证,有根据所属部落或区域的、有出自所任官职的、有按照出生顺序的,等等,源流众多,不一而足。与绝大多数其他国家相同,中国人的姓氏也存在着一定的地域性特征。比如说在福建或广东等南方省份,姓“林”或“陈”的人口所占比例较大。而在北方地区,“李”则是一个大姓,据说在2010年的统计中,已跃居为全国第一大姓。现代人,在首次见面互通姓名之后,发现姓相同时,往往会来上一句“五百年前是一家”以融洽气氛。与此同时,由于担心同姓“五百年前是一家”,有一些地区至今还保留着“男女同姓,不可结婚”的习俗。
  相对于其它方面而言,户籍人口中的姓氏统计,中国或许要比日本便利许多。因为1950年以后,中国大陆地区废除了“妻冠夫姓”――即女性出嫁时,在原有的娘家姓前面加上夫家姓的制度,规定夫妻双方各有使用固有本姓的权利。因此,在那以后,除某些特殊原因之外,无论男女,中国人的姓基本一生不变。不过,台湾、香港等地区迄今仍有部分人士保留着“妻冠夫姓”的传统习俗。港台地区的媒体上也时常会出现一些诸如“陈冯○○”、“连方○○”等女士姓名。
  然而,不管是大陆地区也好,港台或者其它华人居住区也好,“子女随父姓”这一点却是基本一致。尽管在大陆地区,法律上允许子女随母姓,现实生活中也有少部分这样的情况,但绝大多数还是遵循习俗以父姓起名。众所周知,中国大陆地区曾于上个世纪70年代末开始施行“独生子女”的计划生育政策,而这一代的独生子女成长到现在,已是结婚生子的主要人群。当年只养育了一个女儿的家庭,在女儿结婚生子之后,该家庭的父姓就面临无人继承的困局。这对于极其重视姓氏传承的中国家庭而言,无疑是一个不容忽视的问题。在计划生育严格施行期间,有些生育了女儿的父亲因为预想到今后将无人继承自己的姓而郁郁寡欢,甚至引发出一系列的家庭及社会问题。而基于解决人口老龄化问题所制订的“二胎政策”、即“夫妻双方均为独生子女,同时符合其它某些条件者,可以生育第二个孩子”的政策,在2014年上半年一经推出,便引来了一片喝彩。尤其是当年严格遵守“独生子女政策”而又只有一个女儿的家庭。尽管与其他所有政策一样,第二个孩子是否应该跟女方姓这一问题似乎又已经开始引发一些意想不到的家庭问题。不过,从某种角度而言,其对于保护与传承多姿多彩的中国传统姓氏文化无疑将起到积极的作用。

 百姓と言えば現代日本語ではほぼ「農民」の意味ですが,現代中国語では,「農民」ではなく,「庶民」や「一般市民」を意味します。タイトルに掲げられている『百家姓』とは,北宋(日本の平安時代にあたる)に編まれた子供のための学習書の一つで,当時の皇帝である趙家を筆頭に「趙銭孫李,周呉鄭王……」というふうに,500前後の姓(名字)が集められています。本書に出てくる主人公の一人,陳芳さんの姓である「陳」も中国では比較的多く見られる名字で,大昔の「陳」という国の名前から来ていると言われています。中国人の名字の多くは封建時代の国の名前に由来するのですが,日本同様,地域によって名字に偏りが見られます。例えば,福建省では「林」さんが圧倒的に多く,お隣の浙江省に行くと「陳」さんや「張」さんに出会う機会が多くなります。
 日本では夫婦別姓制度も検討されていますが,妻が夫の姓になるのが一般的です。それに対して中国では,妻の元の姓の前に夫の姓を冠するというのが一般的でした。香港では現在でもその制度の名残が見られ,例えば「趙陳○○」,「徐方○○」と名乗る女性も少なくありません。但し,中国大陸では1949年以降にその制度が徐々に廃止され,今では完全に夫婦別姓となっています。

日本語文の出典:「中国語よ~いドン!」紅粉芳惠・陳贇(同学社)を改編
音声吹き込み:薄培林(関西大学・非常勤講師)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
陈赟

陈赟関西大学東西学術研究所非常勤研究員

投稿者プロフィール

浙江省出身。1974年10月1日生まれ。日本語学習歴22年。厦門大学で日本語を専攻し、関西大学に留学。関西大学大学院文学研究科(国文学専攻)博士課程修了。博士(文学)。関西大学東西学術研究所非常勤研究員。インタビュー動画『采访中国人』に出演。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

Twitter

ピックアップ記事

  1. toplog-itc
  2. toplogo_xuexiao

連載一覧

  1. toplogo-chaolengfan

    【連載】炒冷饭

  2. ws04

    12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  3. ws2015-01

    中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  4. jissen_toplogo

    【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  5. naruhodo_toplogo

    【連載】小紅のなるほど中国

  6. 中国語Q&A

    【連載】中国語Q&A

  7. fchn_toplogo

    【連載】中国人である私から見た日本

  8. chinabiz_logo2

    【連載】ビジネス中国語

  9. xiaochen_toplogo

    【連載】小陳の中国よもやま話

  10. toplogo-dekiru

    【動画】初級テキスト『できる!中国語』会話文映像

投稿の全記事数: 824件

こんな記事はいかが? toplogo-dekiruできる!中国語:第8...

ページ上部へ戻る