小紅のなるほど中国:“卫生纸”は便器に捨てないのが中国流

xiaohong_header

 海外からも素晴らしい!と評判の日本の温水洗浄便器に慣れている日本人にとって、中国のトイレの使い方には注意が必要です。
 下水道設備が整っていない、水圧が低い、トイレットペーパーの品質が悪いなどの原因で、中国のトイレでは(一般家庭はもちろんのこと、ホテルでも)、便器に“卫生纸”(トイレットペーパー)を捨てるのはNGで、トイレ内にあるゴミ箱に捨てなければいけません。頭では分かっているのですが、いつもの習慣でついついポイっと便器に捨ててしまいます。
 ちょうどこの逆の現象が、数年前まで日本の観光地のトイレで発生していました(あまり想像したくない光景ですね)。
“随乡入乡”(郷に入っては郷に従え)、これも異文化理解の一つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紅粉 芳惠

紅粉 芳惠

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。関西大学大学院外国語教育学研究科博士後期課程修了。博士(外国語教育学)。関西大学、神戸市外国語大学や一般企業などで広く中国語を教えた経験を生かし、2012年度〜2015年度まで京都産業大学全学共通教育センター講師。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  2. 【連載】中国語Q&A

  3. 【連載】ビジネス中国語

  4. 【連載】中国の流行語

  5. 【連載】小紅のなるほど中国

  6. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  7. 【連載】宅女の部屋別宅

  8. 中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  9. 【連載】カラダと病気の中国語

  10. 【連載】炒冷饭

投稿の全記事数: 866件

こんな記事はいかが? 中国語教員向け:新学...

ページ上部へ戻る