アプリ紹介:「中文宝石盒」

baoshi2例文の作者は高建夫先生。
アプリ制作者は廣部久美子先生。
みだれ撃ち中国語 聴いて答えて」の兄貴分的な中・上級者向けのアプリ。
高建夫(本名:和中昌之。1922年〜2001年)遼寧省普蘭店生まれ。1931年に再度中国に渡り、 1939年遼陽商業学校卒業、その後北京・黒河など中国各地を遊学し、終戦後帰国。 大手商社で中国語を指導し、経済代表訪中団の通訳として活躍。神戸・大阪で華語学院という中国語塾を主宰し、 関西で中国語を学んでいた者の多くがその名前を一度は耳にしたことがあるという在野の中国語講師でした。 このアプリは「口語中国語の神様」と呼ばれた高先生が作られた教材をまとめたもので、例文には慣用語や成語が 随所に散りばめられています。
吹き込みは映画『水滸伝』で主人公の林冲を演じた俳優の野芒さん。その魅力的な声も併せてお楽しみください。

baoshi1 中文宝石盒 [App Store]
種類:iPhoneアプリ
価格:無料
開発:Kumiko Hirobe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紅粉 芳惠

紅粉 芳惠

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。関西大学大学院外国語教育学研究科博士後期課程修了。博士(外国語教育学)。関西大学、神戸市外国語大学や一般企業などで広く中国語を教えた経験を生かし、2012年度〜2015年度まで京都産業大学全学共通教育センター講師。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】ビジネス中国語

  2. 【連載】小陳の中国よもやま話

  3. 【連載】15分チャイニーズ

  4. 【連載】中国の流行語

  5. 【連載】小紅のなるほど中国

  6. 【連載】カラダと病気の中国語

  7. 【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  8. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  9. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  10. 【連載】すり込みファイブ

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る