NHK环球广播网で聞く日本の昔話

 今回はITの話ではなく、IT機器を使ってできる中国語のお勉強の話。
 NHK WORLDの中国語放送「NHK环球广播网」では《日本民间故事特集》と題して、日本の昔話が中国語に翻訳されています。

nhk_world

 トップページの特集では「啪唧啪唧山」「竹取物语」「浦岛太郎」の3つの物語については翻訳や解説だけではなく、音声も公開されています。
 3つの物語のうち「竹取物语」と「浦岛太郎」は漢字が少し違いますが説明不要でしょう。「啪唧啪唧山」は字面を見ても少し分からないかもしれません。これを中国語で読んでみると「pā jī pā jī shān」となるので、無理やりカタカナにすると「パチパチ」という音になります。ここから火が燃える音というのが想像できればこれが「かちかち山」のことだと分かるかもしれません。
 どれも日本人であれば必ず知っている物語なので、絵を見ながら音を聞いて場面を想像してみることで中国語の勉強になるかもしれません。

 また特集以外にも音声無の物語が49話、翻訳され公開されています。「桃太郎」(桃太郎)や「金太郎」(金太郎)、「鶴の恩返し」 (仙鹤报恩)、「开花爷爷」(はなさかじいさん)など有名どころが盛りだくさんです。 

nhk_world2

 ちなみに「むかーしむかし、あるところに・・・」というお決まりのフレーズは中国語では「很久很久以前,有一个・・・」ですね。授業の暗唱にいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HINOYoshihiro

HINOYoshihiro関西大学アジア文化研究センター

投稿者プロフィール

大阪生まれ。関西大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文化交渉学)。現在は関西大学アジア文化研究センターにて、ディジタルアーカイヴズの構築を担当。関西大学で中国語を、京都女子大学でマルチメディアを担当。アルクの『キクタン中国語』シリーズや『ネットアカデミー中国語コース』のなどを執筆。本サイト管理者。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

  2. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  3. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  4. 【連載】プチIT中国語学習

  5. 【連載】ビジネス中国語

  6. 【連載】中国語の検索を極める

  7. 【リレー連載】私の教科書作り

  8. 【連載】中国人である私から見た日本

  9. 【連載】カラダと病気の中国語

  10. 【連載】すり込みファイブ

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る