高電社「中国語検定 過去問WEB」【広告】

【高電社】「中国語検定 過去問WEB」 2020年6月まで無償提供のご案内

 新型コロナウィルスの影響により対面授業の開始に遅れが出ており、遠隔授業が実施されている状況かと思います。この状況を受け、高電社では遠隔授業支援および自宅学習支援として中国語検定対策のeラーニングサービス「中国語検定 過去問WEB」を期間限定で無償にてご提供させていただきます。

 インターネット環境があれば、パソコン、スマートフォン、タブレットから、いつでも・どこでも・何度でもご利用できるサービスですので中国語を学習中の学生様に、ご自宅から是非ご活用いただきたく存じます。

▶申込期間 2020年5月29日(金)まで
▶申込人数 大学・高校を合わせて先着100名
▶内容  ①「中国語検定 過去問WEB 全級コース 学生用ID×希望人数(最大300)
第59回(平成18年6月)~第99回(令和元年11月)実施分の準4級から1級までのすべての過去問題と学習コンテンツが利用できます。
②「中国語検定 過去問WEB」管理ツール 管理者用ID×1
学生が解答した内容や利用履歴などを確認することができます。
製品紹介ページ: https://chukenweb.jp/contents/index.html
▶ 活用事例案  ・学生に特定の問題を自宅学習中の課題として与える
・先生が管理ツールで学生の解答結果を見て指導する
・検定対策授業の代替として使用、どの学生様の利用状況を把握する
・遠隔授業の中で問題を画面共有して指導する
・先生が管理ツールで利用時間や本番モードの点数を確認し学生の成績を管理する
▶ 利用期間 お申込み受付から約3営業日後~6月30日(火)まで
お申込み者に専用URLとアカウントを一括してご案内いたします。
▶条件  ①インターネットに接続できるパソコンやスマホを保有していること。
②ご利用後に簡単なアンケート(教員)にご協力いただけること。(将来のサービス向上のため)
▶申込方法 教員・職員からメールにて次の項目を記載のうえお申込みください。
<education@kodensha.jp>
①学校名 ② 学部・所属名 ③管理者名 ④管理者メールアドレス ⑤学生利用人数
※教員1名のみでの申し込みも可能です。
▶申込先/お問合せ(株)高電社 大阪担当:佐竹/東京担当:高野

              

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高電社

高電社

投稿者プロフィール

 1979 年創業。「ChineseWriter」などの中国語入力ソフトや翻訳ソフト・サービスにおいて、日本一のシェアを誇るパイオニア企業。自社開発の中国語・韓国語翻訳エンジンは、官公庁、教育機関、大手企業等へ提供中のサービスやプロジェクトにおいて常にブラッシュアップされ、その経験に基づく技術の蓄積と確かな継続性はユーザーから高い評価を得ています。サービス形態は、パッケージ・ネットワークサービス・翻訳エンジン組み込みサービスの他、ケータイ公式コンテンツ(NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、Y!mobile(旧WILLCOM)の公式サイト)、iPhone 向けアプリ等、多岐に渡ります。豊富な導入実績こそが信頼の証明です。
 高電社は「言語の壁を越え、世界中の人々の心と心をつなぐ」という理念のもとに、ワンランク上の翻訳精度と機能を目指してサービスを提供し続けます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】プチIT中国語学習

  2. 中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  3. 【連載】中国語の検索を極める

  4. 【連載】小陳の中国よもやま話

  5. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

  6. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  7. 【連載】カラダと病気の中国語

  8. 【連載】宅女の部屋別宅

  9. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  10. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

投稿の全記事数: 893件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る