少し恥ずかしいのですが、僕の両親がよく作る中国の家庭料理を題材にした教材を紹介します。今回紹介するのは「包子」と「腰果鸡丁」の2つです。

 この資料を作成するにあたって、両親に分量を尋ねたら「いつも適当だから分からないよ」としか返ってきませんでした(笑)。ということなので、皆さんも資料を見ながら分量を調整して自分の味覚に合ったモノを作ってください。

 最後に、添付のPDF資料は(2)(3)となっておりますが、(1)「水餃子とワンタン」については、瀬戸口律子先生(大東文化大学)との共編『高校版 中国語はじめました』(駿河台出版社)のp86~87に掲載しております。こちらも合わせてご覧頂ければ幸いです。

印刷配布用資料
画像をクリックして下さい

家常菜のPDFをダウンロードする

家常菜のPDFをダウンロードする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上野 振宇

上野 振宇大東文化大学第一高等学校非常勤講師

投稿者プロフィール

上野振宇(うえの・しんう)中国ハルピン生まれ、2歳で日本の地を踏む、祖母は中国残留婦人。大東文化大学大学院外国語学研究科中国語学専攻(修士課程)修了。05年より中国語教育に従事、主に埼玉県、東京都の高校で教える。現在は中国語の他に国語と日本語教育も担当している。著書に『SUPPORT中国語』(白帝社、共編)、『高校版中国語はじめました』(駿河台出版社、共編)、『中国経済データブック』(科学出版社東京、共訳)がある。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  2. 【連載】中国語Q&A

  3. 【連載】プチIT中国語学習

  4. 【連載】すり込みファイブ

  5. 【連載】ビジネス中国語

  6. 【連載】中国語の検索を極める

  7. 【連載】15分チャイニーズ

  8. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  9. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  10. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 京都産業大学-中国語...

ページ上部へ戻る