中国語医療通訳トレーニング:第5回 呼吸器科

clinic_toplogo

今回は、呼吸器科の慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気に関する診察の通訳です。2〜3年にわたり、痰の混じる咳が出るという男性患者が来院しました。

呼吸器科/呼吸科

(在诊室)
医生:你好!你是李先生,是吧。 你咳嗽咳个不停?
患者:对,这两三年一直是这样,而且咳嗽的时候还有痰。
医生:痰是什么颜色的?
患者:淡黄色,还粘粘的。
医生:来我们医院之前,有没有去过别的医院,或者自己买药吃?
患者:我不喜欢医院,所以没去。在药妆店买过一瓶止咳糖浆,喝了也没什么效果。
医生:有没有比较容易咳嗽的时间段? 会不会喘不过气来?
患者:我想早上咳嗽得比较多。在电车站上楼梯时经常气短,有时还会上了一半就得歇歇。洗澡时也觉得呼吸困难。是不是因为我年纪大了?
医生:这也有可能是由于疾病引起的。你还抽烟吧? 看了你的问诊表,一天抽20支,抽了30年了。现在还在抽,对吧?
患者:这烟嘛,我怎么戒都戒不掉。
医生:知道了。我来听听你的胸部。请把衬衫撩起来。请吸气,呼气。请转过身去。吸气,呼气……可以了。肺里有点杂音。为了进一步诊断,接下来请你去拍X光片、做一下肺功能检查。
患者:好的。
(胸部X光线检查)
技师:请把你的下巴放这儿,把身子贴到这个板子上。双脚张开和肩膀一样宽。胳膊要贴到板子侧面。请吸气,好好憋住。好,拍完了。
(肺功能检查)
技师:那么,首先测量一下你的肺活量。我用夹子夹住你的鼻子了。请咬好这个嘴儿。当我让你呼气时,请你呼一大口气,然后吸一大口气。然后再请你呼一大口气。这个动作要重复两三遍。
好。接下来,看看你一秒钟能呼多少气。请你吸一大口气,然后一下子把所有的气都呼出去。好,检查结束了。
(回到诊室)
医生:让你久等了。检查结果出来了。
患者:我是不是感冒了,或者得了肺炎什么的?
医生:不,我觉得你得的是慢性阻塞性肺疾病,也叫慢阻肺。是因为香烟中的有害物质,在支气管和肺部引发了炎症。像李先生这样吸烟多、烟龄长的人比较容易患上的,会出现带痰的咳嗽、日常活动时气短症状。
这是肺功能检查的结果。请看看这个数字,它叫做“一秒率”,表示你在一秒里能呼出多少气。这个数字正常人是大于70%的,而你只有60%。
患者:那怎样才能治好呢?
医生:这个疾病虽然没办法根治,但可以缓解症状。现在在你的肺里有个叫做肺泡的组织正在被破坏,这叫肺气肿。因为这是吸烟引起的,所以今后请一定要戒烟。我们医院也有戒烟门诊,我帮你预约吧。
患者:我戒过好几次,都失败了,没有信心……不过还是要去一下看看。
医生:我给你开吸入剂和扩张支气管的药。另外,还有呼吸康复这个方法。通过运动疗法和呼吸训练,可以提高生活质量。如果再恶化的话,可能以后会需要进行家庭氧疗。我们一起努力治疗吧。
患者:明白了。谢谢。

(日本語)
(診察室)
医師:こんにちは。李さんですね。咳が止まらないそうですね。
患者:はい、ここ2、3年はずっとこうで、咳をすると痰もからみます。
医師:痰は何色ですか。
患者:黄色っぽくて、ネバネバしています。
医師:ここへ来る前にどこか病院に行ったり、自分で薬を買って飲んだりしましたか。
患者:病院は苦手で、行っていません。ドラッグストアで咳止めシロップを買って飲んでみましたが、全然効きませんでした。
医師:咳が出やすい時間帯はありますか。息苦しさなどは?
患者:朝のうちに出やすいような気がします。駅の階段を上るときに息切れがして、途中で休むこともあります。風呂に入るときも苦しくなります。歳のせいですかね。
医師:それは病気のせいかもしれませんよ。タバコも吸われますよね? 問診票によると、1日20本を30年間ですか。今も吸っているのですね。
患者:なかなかやめられなくて。
医師:わかりました。ちょっと胸の音を聞かせてもらいますね。シャツを上げていただけますか。はい、吸って、吐いて。向こうを向いてください。はい、吸って、吐いて。いいですよ。ちょっと肺に雑音がありますね。肺の様子を詳しく知りたいので、レントゲンを撮って、肺機能検査をしてきて頂けますか。
患者:はい、わかりました。
(胸部X線撮影)
技師:では、あごはここに乗せて、この板に体をぴったりつけてください。足を肩幅に広げて立ってください。腕は板の横に添えてください。息を吸い込んで、しっかり止めてください。はい、終わりましたよ。
(肺機能検査)
技師:では、最初に肺活量を測ります。鼻をクリップで挟みますね。このマウスピースをくわえてください。私が合図したら、大きく息を吐いて、次に大きく息を吸ってください。その後、さらに大きく息を吐いていただきます。これを2、3回繰り返します。
はい、次は1秒間にどのくらい息が吐けるかをみます。今度は、大きく息を吸って、一気に息を全部吐き出してください。はい、終わりました。
(診察室)
医師:お待たせしました。検査の結果が出ました。
患者:カゼか肺炎でしょうか。
医師:いえ、慢性閉塞性肺疾患という病気だと思われます。これはCOPDとも呼ばれていて、タバコなどの有害物質によって気管支や肺に炎症が起こっている病気です。李さんのようなヘビースモーカーに起こることが多い病気で、咳や痰が出たり、体を動かすと息切れがしたりします。
これが先ほどの肺機能検査の結果です。この数字を見てください。これは「1秒率」といって、1秒間にどれだけ空気を吐くことができるかを見る数字です。正常であれば70%以上なのですが、李さんは60%しかありません。
患者:どうやったら治るのでしょうか。
医師:根本的な治療法はないのですが、症状を改善することはできます。今、李さんの肺は、肺胞という組織の壁がどんどん壊れていってしまっています。これを肺気腫といいます。これはタバコによるものですので、今後はかならず禁煙してください。当院には禁煙外来もありますので、そちらの予約を取っておきましょう。
患者:何度も禁煙に失敗したので、あまり自信がないのですが。行ってみます。
医師:吸入薬と、気管支を広げる薬をお出しいたします。また、呼吸リハビリテーションといって、運動療法や呼吸訓練を行うことで、生活がしやすくなります。これ以上進行すると、在宅酸素療法が必要になるかもしれませんので、一緒にがんばっていきましょう。
患者:わかりました。ありがとうございます。

単語

慢性阻塞性肺疾病 mànxìng zǔsèxìng fèijíbìng:慢性閉塞性肺疾患
咳嗽 késou:咳
痰 tán:痰
粘 nián:ねばつく
药妆店 yàozhuāngdiàn:ドラッグストア
止咳糖浆 zhǐké tángjiāng:咳止めシロップ
喘不过气来 chuǎnbuguòqìlai:息苦しい
气短 qìduǎn:息切れがする
歇 xiē:休む
抽烟 chōuyān:タバコを吸う(=吸烟 xīyān)
问诊表 wènzhěn biǎo:問診票
戒 jiè:(タバコなど習慣性のあるものを)やめる
撩起来 liāoqilai:めくり上げる
吸气 xī qì:息を吸う
呼气 hū qì息を吐く
转过身 zhuǎn guō shēn:振り返る
拍X光片 pāi X guāng piàn:レントゲン写真を撮る
肺功能检查 fèi gōngnéng jiǎnchá:肺機能検査
下巴 xiàba:あご
贴 tiē:ぴったりくっつく
胳膊 gēbo:腕
憋住 biēzhù:がまんする
测量 cèliáng:量る、測定する
肺活量 fèihuóliàng:肺活量
夹子 jiāzi:クリップ
夹 jiā:はさむ
咬 yǎo:噛む、くわえる
嘴子 zuǐzi:マウスピース
感冒 gǎnmào:カゼ(をひく)
肺炎 fèiyán:肺炎
香烟 xiāngyān:タバコ
支气管 zhīqìguǎn:気管支
肺 fèi:肺
烟龄 yānlíng:喫煙歴
气促 qìcù:息切れがする
一秒率 yìmiǎolǜ:一秒率
大于 dàyú:より大きい
根治 gēnzhì:根治する
缓解 huǎnjiě:軽減する
症状 zhèngzhuàng:症状
肺泡 fèipào:肺胞
肺气肿 fèiqìzhǒng:肺気腫
门诊 ménzhěn:外来
吸入剂 xīrùjì:吸入薬
康复 kāngfù:リハビリ
运动疗法 yùndòng liáofǎ:運動療法
生活质量 shēnghuó zhìliàng:生活の質、QOL
恶化 èhuà:悪化
家庭氧疗 jiātíng yǎngliáo:在宅酸素療法

ポイント

肺機能検査では、技師の指示によって強く息を吸ったり吐いたりします。
通訳を挟むことでタイミングがずれてしまうことがあるので、即座に通訳することが求められます。
難しければ手を上げて合図してもらうなど、音声でなく視覚で合図をする工夫をしてもいいかもしれません。

中国語・医学監修  李宏(医学博士・神戸大学大学院医学研究科内科系講座放射線医学分野研究者・神戸東洋医療学院講師)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本悠馬 & Wen Jun

岡本悠馬 & Wen Jun中日医療通訳

投稿者プロフィール

岡本悠馬

神戸市外国語大学中国学科卒業。在上海日本国総領事館勤務を経て、中国語翻訳者・鍼灸師となり、神戸市に「南天はり灸治療院」を開院。中国語・医療知識を生かし、医療通訳者としても活動している。現在は神戸市外大にて中国語と医療通訳・コーディネーター入門の講義を担当。大阪大学医療通訳コースでも講師を務める。著書・訳書に『キクタン中国語【上級編】』、『海角七号―君想う、国境の南』などがある。



Wen Jun

中国の大学で修士課程(高等教育学)を修了した後、日本の大学院に留学。対台貿易営業等に従事した後、医療日本語に関心を持ち、大阪大学医療通訳養成コースを修了(第1期)。現在は大阪府内の病院にて医療通訳と医療事務に従事している。日本病院会診療情報管理士通信課程在学中。普通話水平測試(中国語標準語水準検定)1級乙レベル。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

Twitter

ピックアップ記事

  1. toplog-itc
  2. toplogo_xuexiao

連載一覧

  1. 15mini_toplogo

    【連載】15分チャイニーズ

  2. ws04

    12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  3. toplogo-otsuka

    【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  4. toplogo_liuxingyu

    【連載】中国の流行語

  5. naruhodo_toplogo

    【連載】小紅のなるほど中国

  6. toplogo_jiansuo

    【連載】中国語の検索を極める

  7. c-culture_toplog2

    【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  8. toplogo-dekiru

    【動画】初級テキスト『できる!中国語』会話文映像

  9. xiaochen_toplogo

    【連載】小陳の中国よもやま話

  10. ws2015-01

    中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

投稿の全記事数: 823件

こんな記事はいかが? PAK12_10many5009は「苦しい」?...

ページ上部へ戻る