第10回 元首たちの古典教養その6―横看成嶺側成峯―|現代に生きる中国古典

toplogo-koten

 2014年6月18日、李克強総理は、イギリスの王立国際問題研究所で「共建包容发展的美好世界」という講演をしました。李克強は講演の中で、中国の社会と経済に関する現状報告をし、中国とイギリスの各方面での関係強化を訴えています。
 報告では、GDP、貧富、工業など中国が抱える様々な問題が語られました。中国はGDPが世界第二位ですが、一人あたりのGDPは80位台であること。国民13億人の内、6億人は貧困を脱していますが、国際的な標準に当てはめると、2億人が貧困状態にあること。世界の工場と言われるほど工業が発達しているにもかかわらず、品質の低さ、省エネ、資源、環境問題など多くの問題を抱えていること。その他にも、一面的に捉えることが難しい各種の問題を紹介しています。
これらの問題点の紹介に先立ち、李克強は次にように述べています。

……对中国的看法有这样那样的说法,这也很正常。中国的古诗就说过,“横看成岭侧成峰”,即便是一座大山,你从不同的角度看,得出的会是不同的印象。
……中国に対する見方は、様々な意見がありますが、これも正常なことです。中国の古い詩に「横看成岭侧成峰」、たとえ一つの山であっても、別の角度から見れば、異なった印象が得られるだろうとあります。

 李克強の言う「古い詩」とは、蘇軾の「題西林詩」のことです。蘇軾は、旅の途中で名勝廬山に立ち寄り、その麓にある西林寺の壁に次のような詩を書き付けます。

題西林壁     西林の壁に題す
横看成嶺側成峯  視線を横に動かせば山脈となり、側から見ればそそり立つ
遠近高低無一同  遠い場所に近い場所、高い場所に低い場所、どれ一つ同じ姿はない
不識廬山眞面目  廬山の本当の姿を知らなかったのは
只縁身在此山中  私がこの山の中に身を置いているからだ

 廬山は、竒峰が林立し、見る位置が変われば新たな表情を見せて目を楽しませてくれます。この廬山のように、中国が抱える諸問題も、視点を変えて見てみればまったく別の側面が見えてきます。李克強は、複眼的に捉えることで、問題が総体的に把握されるべきであると述べているのでしょう。
 李克強は講演で「題西林詩」の一句目のみを引用しました。しかし、三句目、四句目も箴言と言うべき味わいがあります。廬山の中にいると山の本当の姿が分からないように、事件の当事者は、分かっているようで全体を把握できていないことがあります。外から観察することで、はじめて事件の全体像が見えることもあるでしょう。この詩は、廬山の魅力を語るだけではなく、複眼的な観察の重要性を説く詩として再解釈できるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西川芳樹関西大学非常勤講師

投稿者プロフィール

大阪府岸和田市出身。
関西大学文学研究科総合人文学専攻中国文学専修博士課程後期課程所定単位修得退学。
関西大学非常勤講師。
中国古典文学が専門。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

Twitter

ピックアップ記事

  1. toplog-itc
  2. toplogo_xuexiao

連載一覧

  1. shenti_toplogo

    【連載】カラダと病気の中国語

  2. fchn_toplogo

    【連載】中国人である私から見た日本

  3. naruhodo_toplogo

    【連載】小紅のなるほど中国

  4. toplogo_liuxingyu

    【連載】中国の流行語

  5. toplogo-takujo

    【連載】宅女の部屋別宅

  6. toplogo-chaolengfan

    【連載】炒冷饭

  7. toplogo_jiansuo

    【連載】中国語の検索を極める

  8. jissen_toplogo

    【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  9. ws04

    12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  10. toplogo-language_essay

    【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

投稿の全記事数: 823件

こんな記事はいかが? toplogo-dekiru【動画】初級テキスト...

ページ上部へ戻る