総合的ということ

 中国語はよく「総合的」な言語だといわれます。次の単語を見てください。
  
  “矮”=short in stature
  “晚”=the time is late
  “味”=taste / flavor

中国語では“矮”といえば、単に「低い」ということだけでなく「背が低い」という意味になります。同じように“晚”といえば、「時間が遅い」ことです。「スピードが遅い」ということにはなりません。
英語では「背が」低い、「時間が」遅いと、補足の単語が必要ですが、中国語ではそれを言わなくてもすむのです。
中国語の“味”には「味」と「匂い」の両方が含まれます。“臭”にしても、現代語では「臭い」という「マイナス評価」に傾いていますが、本来は「すべての匂い」を表すものでした。これが中国語は「総合的」ということなのです。
 ただし、物事はいろいろな角度からとらえることができます。例えば、縄で縛られた男とその縄を持っている男がいるとします。普通は縛られているほうが、「泥棒」で、縄を持っているのが「警官」でしょう。でも、見方を変えれば、「泥棒」が「警官」を縄で縛っているということも考えられるのです。これは極端な例です。でも、物事には、ひとつの角度から見ていただけではその本質をつかめないということが、よくあるのです。
 中国語は「総合的」な言語で、欧米語は「分析的」な言語だといわれますが、総合的や分析的というのは、ある面をとらえた言い方であり、実はどちらも本質をとらえているといっていいでしょう。
 上の例もそうですが、「切る」や「持つ」という動詞も、「何で切るか」、「持ち方」によって使い分けられます。“割”は“cut with an edged tool”(鋭利な刃物で切る)ということですし、“砍”ならば「斧で切る」ことです。このように、「動詞が具体的な道具や動作によって使い分けられる」ということは、「総合的」であると同時に「分析的」でもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田慶市

内田慶市関西大学外国語学部教授

投稿者プロフィール

福井生まれ。現在、関西大学外国語学部で教鞭をとる。専攻は「中国語学」。この10数年は特に、「近代における『西学東漸』と言語文化接触」を主な研究テーマとし、さらには、新たな学問体系である「文化交渉学」の確立を目指して研鑽中
パソコンは約25年前に、NEC9801VXIIを使い始め、その後、DOS/Vから「Mac命」に。Mao's Home Page

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【動画】初級テキスト『できる!中国語』会話文映像

  2. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  3. 【連載】中国の流行語

  4. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

  5. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

  6. 【連載】ビジネス中国語

  7. 【連載】小陳の中国よもやま話

  8. 【連載】中国語の検索を極める

  9. 【連載】15分チャイニーズ

  10. 【連載】プチIT中国語学習

投稿の全記事数: 868件

こんな記事はいかが? 宅女炒冷饭:ネットを...

ページ上部へ戻る