宅女炒冷饭:災害時の多言語情報

“炒冷饭”とは冷えたご飯を炒めなおす、つまり二番煎じをすることです。“宅女炒冷饭”は“宅女”(オタクの女性)こと清原文代が過去にTwitterやFacebookの公開投稿で書いた記事を再録するコーナーです。
今回はTwitterに書いた記事を再録します。

その後、山崎先生がNHKエデュケーショナルとNHK出版に特別に許可を取って、「テレビで中国語」2013年11月号の当該部分を「災害情報のための中国語」として公開してくださいました。
また、日本中国語学会ウェブリソース委員会が「多言語・情報弱者対応災害支援リンク集」を公開しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清原文代

清原文代大阪府立大学高等教育推進機構外国語教育センター准教授

投稿者プロフィール

1960年代に大阪に生まれる。大阪市立大学大学院文学研究科中国文学専攻後期博士課程単位取得退学。大阪女子大学人文社会学部国際文化専攻講師を経て、現職は大阪府立大学高等教育推進機構外国語教育センター教授。専門は中国語教育とeラーニング。初級者向け中国語教材のネット配信も行っている。近著は『改訂版リズムで学ぶ三文字中国語』(アルク、2012年)。
http://www.las.osakafu-u.ac.jp/~kiyohara/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】すり込みファイブ

  2. 【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  3. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

  4. 【連載】宅女の部屋別宅

  5. 【連載】中国語Q&A

  6. 【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  7. 【連載】小紅のなるほど中国

  8. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

  9. 【連載】中国語の検索を極める

  10. 中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

投稿の全記事数: 887件

こんな記事はいかが? Inbound Ch...

ページ上部へ戻る