『チャイ語入門』李軼倫先生の中国語発音ライブ授業:第1回

レッスン1 声調

漢字とピンイン、声調(四声)


レッスン1 声調のおまけ

第3声の変調、軽声

『チャイ語入門 李先生の中国語ライブ授業』(白水社)
http://www.hakusuisha.co.jp/book/b281871.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
李 軼倫(り いつりん)

李 軼倫(り いつりん)

投稿者プロフィール

北京出身。3児の父。2000年に来日し、東京外国語大学大学院にて中国語文法・中国語教育を専攻。現在は東京外国語大学、早稲田大学、明治大学ほかで日々中国語を教えている。2016年(1月〜3月)にはNHKラジオ「レベルアップ中国語」の講師を務めた。NHK国際局アナウンサー、ナレーターとしても活躍。好きな音楽をかけ、お酒を飲みながら料理するのが至福の時間。
主要著書: 『チャイ語入門 李先生の中国語ライブ授業』『口からはじめる中国語 パズル式作文トレーニング』(白水社)、『語順マスター! 中国語徹底トレーニング』(NHK出版)、『中国語文法 補語完全マスター』(コスモピア)、『中国語の基礎 発音と文法』(共著、NHK出版)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 貞方 理
    • 2018年 12月 26日

    李先生
    こんばんは。はじめまして。中国語を習いたくて、わが社に今年三月に中国支局から
    帰国した上司に相談しましま。私の勤務先の近くにある枚方中国語を学ぶ会を紹介されました。
    問合せたら、四月の第一週から初心者クラスがスタートするから、四月から習いに来てください!
    との事でした。
    実は、YouTubeを見ていたら、あなたにおすすめという作品があり、開いてみたら、
    kumakQiさんという中国の女の子でした。
    私は、最初男性と思っていましたが、アレコレ調べるうちに、女性と告白されていました。

    私は、宝塚が大好きなので、女性が男装をしても違和感がなく、すんなり受け入れました。
    しかし、中国語がまるでわからなくて、歯がゆくて、四月まで待てなくて、とりあえず枚方市駅前の
    TUTAYAで中国語の初歩の初歩というCD付きの本を購入。毎日、車で聞きながら通勤。
    外回りの仕事なので、営業中もずっと聞いていました。

    中国語の上達の仕方と検索したら、先生のNHKラジオ講座がおススメとあり、
    梅田の紀伊國屋書店にて、四月の本とCDを購入。
    この五日ほど毎日聞いて発音しています。

    正直難しくて、何回も無理かも?と絶望感を味わいましたが、諦めきれすわ、また最初から聞いての繰り返しです。

    この作品を見つけて、滑り台の絵がわかりやすくて、良くわかりました。

    これからも、頑張ります。先生のクラスには、大阪からは少し⁉︎遠くて無理
    ですが、くじけず学びたいです。
    いつか、ペラペラになり、熊祁さんと話せて、Weiboにコメントを書く事を
    夢みています。
    長々失礼しました。
    寒くなるようです。暖かくしてお過ごしください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  2. 【連載】すり込みファイブ

  3. 【リレー連載】私の教科書作り

  4. 【連載】宅女の部屋別宅

  5. 【連載】ビジネス中国語

  6. 【連載】プチIT中国語学習

  7. 【連載】小陳の中国よもやま話

  8. 【連載】中国語医療通訳トレーニング

  9. 【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  10. 【連載】ウチダ教授の中国語学エッセイ

投稿の全記事数: 889件

こんな記事はいかが? Inbound Ch...

ページ上部へ戻る