itctoplogo_0001

清原先生の「スマートフォンで中国語入力をするには?―iPhoneとAndroid」のiPhoneの部分だけ簡単に紹介した記事と考えていただいて結構です。iOS6の時代に作成した資料をiOS7のバージョンに書き換えて公開しました。PDF資料は印刷して配れる程度の分量にしています。教室などでプロジェクターに写したい場合は清原先生のバージョンをお使いください。

iPhone中国語入力環境の設定
iPhone中国語入力環境の設定
1.「設定」から「一般」を選択
image

2.「キーボード」を選択
image_1

3.さらに「キーボード」を選択
image_2

4.新しいキーボードを追加を選択し「中国語簡体字拼音」or「手書」を選択
image_3

Siriを中国語環境に変更
1.「設定」から「一般」
image_4

2「Siri」を選択
image_5

3.「言語」を選択
image_5.5

4.中国語(北京語-中国)を選択
image_6

中国語を入力をしてみよう
1.メモ帳を起動
image_7

2.言語切替ボタンを長押しして、追加した「简体拼音」を選択
image_9

3.ピンインを入力、その際声調番号は不要、nihaoと入力すると変換候補が表示されるので、クリック
image_10

3.【手書き入力】言語切替ボタンを長押しして「简体手写」を選択、手書きで漢字を書いてみる、右に候補が表示されるので選択
image_12

4.【音声入力】マイクボタンをクリックし、マイクに向かって話しかける。終わったら「完了」
image_15

5.【Siri】と話す。ホームボタンを長押しすると、Siriと話せる。
image_13

icon_pdfiPhone(ios7用)印刷用PDFファイルをダウンロードする

icon_pdfiPhone(ios6用)印刷用PDFファイルをダウンロードする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HINOYoshihiro

HINOYoshihiro関西大学アジア文化研究センター

投稿者プロフィール

大阪生まれ。関西大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文化交渉学)。現在は関西大学アジア文化研究センターにて、ディジタルアーカイヴズの構築を担当。関西大学で中国語を、京都女子大学でマルチメディアを担当。アルクの『キクタン中国語』シリーズや『ネットアカデミー中国語コース』のなどを執筆。本サイト管理者。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

Twitter

ピックアップ記事

  1. toplog-itc
  2. toplogo_xuexiao

連載一覧

  1. ws04

    12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  2. c-culture_toplog2

    【連載】○○から読み取る!中国のc文化—中国語とガラクタと私

  3. toplogo-otsuka

    【連載】大塚犬のちょこっとチャイナレポート in Japan

  4. ws2015-01

    中国語教育ワークショップ第3弾|榎本英雄先生と沈国威先生による講演!

  5. toplogo_liuxingyu

    【連載】中国の流行語

  6. toplogo-surikomi5

    【連載】すり込みファイブ

  7. fchn_toplogo

    【連載】中国人である私から見た日本

  8. jissen_toplogo

    【連載】実戦の中国語コミュニケーション

  9. shenti_toplogo

    【連載】カラダと病気の中国語

  10. toplogo-jiaokeshu0001

    【リレー連載】私の教科書作り

投稿の全記事数: 840件

こんな記事はいかが? CS4-2105【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る