清原先生の「スマートフォンで中国語入力をするには?―iPhoneとAndroid」のiPhoneの部分だけ簡単に紹介した記事と考えていただいて結構です。iOS6の時代に作成した資料をiOS7のバージョンに書き換えて公開しました。PDF資料は印刷して配れる程度の分量にしています。教室などでプロジェクターに写したい場合は清原先生のバージョンをお使いください。

iPhone中国語入力環境の設定
iPhone中国語入力環境の設定
1.「設定」から「一般」を選択
image

2.「キーボード」を選択
image_1

3.さらに「キーボード」を選択
image_2

4.新しいキーボードを追加を選択し「中国語簡体字拼音」or「手書」を選択
image_3

Siriを中国語環境に変更
1.「設定」から「一般」
image_4

2「Siri」を選択
image_5

3.「言語」を選択
image_5.5

4.中国語(北京語-中国)を選択
image_6

中国語を入力をしてみよう
1.メモ帳を起動
image_7

2.言語切替ボタンを長押しして、追加した「简体拼音」を選択
image_9

3.ピンインを入力、その際声調番号は不要、nihaoと入力すると変換候補が表示されるので、クリック
image_10

3.【手書き入力】言語切替ボタンを長押しして「简体手写」を選択、手書きで漢字を書いてみる、右に候補が表示されるので選択
image_12

4.【音声入力】マイクボタンをクリックし、マイクに向かって話しかける。終わったら「完了」
image_15

5.【Siri】と話す。ホームボタンを長押しすると、Siriと話せる。
image_13

icon_pdfiPhone(ios7用)印刷用PDFファイルをダウンロードする

icon_pdfiPhone(ios6用)印刷用PDFファイルをダウンロードする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HINOYoshihiro

HINOYoshihiro目白大学中国語学科准教授

投稿者プロフィール

目白大学外国語学部中国語学科准教授、 ドワンゴ教育事業本部中国語担当コンサルタント、N高等学校中国語コース担当、 関西大学オープン・リサーチセンター外部研究員。『官話指南』を起点とする近代日本の中国語教材と中国語教育史の研究やICTやコンピュータを利用した中国語の解析について実践的な中国語教育研究も進めておりPodcast「Chinese Station」シリーズや「NetAcademy2中国語コース」の製作を担当。また、中国語学習サイト『中国語学習ジャーナル』を主催。『キクタン中国語会話【入門編】』(アルク、2017)、『改訂版キクタン中国語』シリーズ(アルク、2008-2021)等。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログアンテナ

[wp-rss-aggregator limit='5' thumbnails='no' excerpts='no']

Twitter

ピックアップ記事

連載一覧

  1. 【連載】小紅のなるほど中国

  2. 【リレー連載】私の教科書作り

  3. 【連載】プチIT中国語学習

  4. 【連載】中国の流行語

  5. 【連載】炒冷饭

  6. 12月は関大で中国語三昧!中国語教育学会研究会×第4回中国語教育ワークショップ

  7. 【連載】中国語の検索を極める

  8. 【連載】宅女の部屋別宅

  9. 【連載】中国語Q&A

  10. 【動画】初級テキスト『できる!中国語』会話文映像

投稿の全記事数: 901件

こんな記事はいかが? 【中国語会話】CS4...

ページ上部へ戻る